端午の節句
~室内鯉のぼり~
鯉が滝を上り龍となる中国の伝説、立身出世の象徴、登竜門伝説になぞらえてあげられる鯉のぼり。 本来は真鯉(黒い鯉)のみであげられていました。明治時代頃から真鯉(まごい)と緋鯉(ひごい)で揚げるようになりましたが、昭和頃からは家族を表すものとして子鯉(青い鯉)を足したものが主流となりました。
家紋入れ・名前入れ可能吹流し

ミロク情報サービスFaceboページ

このページの先頭へ▲